硝子体手術

硝子体手術について

硝子体手術硝子体(しょうしたい)とは目の奥にあるゼリー状の組織です。様々な原因で出血を生じたり、濁ったりします。
また網膜剥離や糖尿病網膜症など、さまざまな網膜硝子体疾患で網膜・黄斑を引っ張って穴や膜を形成したりして視力低下を起こします。
網膜硝子体手術は、この濁ったり出血したりしている硝子体を取り除き、眼球内をきれいにする手術です。

網膜にレーザーで光凝固を行ったり、膜がはっているような場合は、膜を剥がしたりします。また剥がれている網膜を元の状態に復位させ、落ち着かせるために空気やガスなどを注入する場合もあります。
硝子体手術器具や手技の進歩により安全性が高まり日帰り手術が可能になりました。病気によっては全身的な疾患(高血圧・糖尿病など)が原因となっていることが多いため、内科でのコントロールも重要になる場合もあります。

硝子体手術の適応疾患

硝子体手術が必要な症状、病気には以下があります。

など

手術方法

手術方法

器具を入れる穴の外径が25G約0.5mm、27G約0.4mmの器機で白目 に小さな穴を3カ所開けて、その穴から硝子体を切除する硝子体カッター・網膜表面の膜を剥離除去するためのセッシ・照明器具・レーザー器具などを入れて手術を行います。
手術時間は眼の状態により異なりますが、30分~90分程度です。
各システムに用いられる器具の進歩により硝子体手術の安全性が高まり、日帰り硝子体手術が安全に行えるようになっています。

いのまた眼科の安心治療ポイント

  • 最先端の医療機器と
    クリーンな設備環境
  • 医療実績のある
    院長が執刀
  • ご家族への
    オープンな説明と手術
  • 合併症にも対応
    術後の不安もしっかりサポート

 

手術の流れ

術前検査

(予約日をお取りします。)

  • 手術に必要な詳細な検査、血液検査、アレルギーの確認などを行います。
  • 手術についての説明、手術合併症、術前・術後の点眼と注意事項などをご説
    明します。(可能な限りご家族とご一緒にお越しください。)
  • 散瞳検査をしますので、車の運転は控えてください。

手術前

  • 手術前の点眼薬
    手術予定日の3日前から抗生物質の点眼薬をさします。抗生物質を点眼することで、眼の表面にいる細菌を減らし、安全に手術を行うことができます。
  • 洗髪について
    術後の状態が良ければ翌日からお風呂に入ることはできますが、洗髪はしばらく控えなければいけません。
  • 服用薬について
    特別な指示がない限りは通常通りに服用できます。

手術当日

前処置も含め2時間30分程度で終わります。集合時間に来院ください。
当日の食事は軽目にしてください。(お茶やコーヒーなどの水分の過剰摂取は控えてください)

前処置
  • 手術に必要な点眼や血圧測定などの準備を行います。
  • 手術準備室に移動し、手術の順番をお待ちいただき、順番が来たら手術となります。
手術

手術点眼麻酔を行い、次いで洗眼を行います。局部麻酔ですので、手術中も周りの声ははっきり聞こえますし、意識もあります。手術は仰向けに寝た状態で、顔にはカバーをかけて行いますので何かありましたら会話ができます。痛みはほとんどありませんが、痛みを感じるときは麻酔の注射を追加します。

手術後~帰宅
  • 術後の生活や術後点眼についてご説明し緊急用携帯電話番号をお渡しします。
  • 手術後は、全身状態の安定を確認し、会計が終わった後、帰宅していただきますが、眼帯をした状態になりますので、車の運転は控えてください。
手術翌日
  • 朝9時までに来院ください。
  • 眼帯は検査時にスタッフがはずします。
  • 診察終了後から、手術後の目薬を(3種類、1日4回)手術した眼に点眼してください。
  • 散瞳検査をしますので、車の運転は控えてください。

手術後

翌日以降
  • 指示された日に受診されてください。
  • 手術後の目薬を点眼してください。
    ※術後の注意点(手術前、術後にもご説明します。)
  • 術後は目を強く押さえることは控えてください。
  • 洗顔、入浴、洗髪については医師の指示に従ってください。
  • 決められた回数の点眼を必ず継続してください。

手術の注意事項

  • 手術時間は疾患により30分程度から重症の場合1時間半程度かかります。
  • 硝子体手術と同時に白内障手術が必要な方は、白内障術前検査も行います。
  • 内科疾患のある方は、お薬手帳を術前検査時にお持ちください。
  • 手術後の視力は、病気の状態により大きな差があります。
  • 多くの網膜硝子体疾患においては、手術が必要となったら視力の回復の点からも早めの手術を受けることが大切です。
  • 疾患によっては手術終了時に硝子体内に空気やシリコンオイルを注入し術後うつむき姿勢が必要となります。

費用

硝子体手術の費用について

治療は全て保険診療で行い、手術の種類によって料金が変わります。

  • 支払った金額が一定の規定額を超えていれば、還付金として戻ってきます。
  • 加入している生命保険の種類によっては、「手術給付金」が支給されます。

    1ヶ月の医療費が高額になる場合は、
    高額医療保険が使える場合があります。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

 

いのまた眼科の手術室

当院の手術室当院の手術室は最先端の手術器機とクリーン設備を備えており、一般の白内障を初め網膜硝子体疾患などに対して高い専門技術をもって手術を行っていります。
安全第一の手術を行うために、機器の管理、感染予防などの対策はもちろんのこと、埃や塵を除去する特別な換気システムでウイルスなどの感染予防をしっかり行うことで清潔な手術室環境を保っております。

一番上に戻る
電話からのお問い合わせ TEL:096-273-8823
診療時間
9:00~13:00
15:00~18:00

受付は診療時間終了の30分前まで
※眼鏡処方・コンタクト処方をご希望の方は受付終了60分前まで
※休診日:水曜・土曜の午後、日曜、祝日
※13:30~15:00(手術・処置 予約制)

アクセス
お気軽にお問い合わせください